写真
















ここ一年ぐらい口臭がすごく臭くなっていたコロン。
歯を磨くととくに奥歯が血だらけ!
9歳という高齢だからからなと思っていたのですが、
数週間前にぐったりして、動かない日が続き、体温も熱い、
ついに呼吸も辛そう。

小山の動物病院では気のせいでしょうみたいな感じで
納得がいかず、東京の病院を調べて診てもらいました。

検査してもらった結果、内臓には問題がなく、
先生が歯ではないかと。。。

というわけで、今日歯石取りと抜歯をしてもらいました。
奥歯3本、前歯2本。
えっそんなに?!とびっくりしたのですが、
レントゲンをみたら、見事に、歯の根っこの回りが黒い!
上顎洞炎にもなっている!
歯石のおかげで歯が抜けてなかった状態で
衝撃的なレントゲンでした。

先生これも抜歯では?と
質問してみたら、犬の顎の骨は薄くて、抜歯により
顎の骨が折れる可能性があるそうで、見送ったそうです。

悪い歯を抜歯し、うそのように無臭になったコロン。
エリザベスカーラーをして帰ったら
チョコに「あんたなんやねん!!!」って勢いで吠えられてました。

いやいや、犬の歯の定期クリーニングもバカにできないわ・・・
と思いました。
コロンいびきかいていて、可愛い〜なんて言ってたんですが、
いびきも重要なサインなんです。